離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

婚姻費用について

婚姻費用とは、簡単に言うと結婚生活においての生活費です。
同居している夫婦間ではもちろんのこと、たとえ離婚の協議中や調停中、裁判中などで別居していても、夫婦である間は生活費をお互いに分担する義務はあるのです。
たとえば妻が専業主婦で収入が無いとか、パートはしてるけど生活するには充分でない、というような場合に別居中の夫に婚姻費用を請求できます。
妻と夫が同程度に収入がある場合にはお互いに請求はできませんし、妻の収入の方が多い場合は、夫から妻に請求することになります。

婚姻費用の金額

養婚姻費用の額は、妻(もしくは夫)の生活費と、子どもがいればその養育費との合計になります。
請求する側が「いくら必要」と提案して、払う側が了承すれば話は簡単です。相手が納得してくれさえすれば、請求する金額に決まりはありません。
とは言え、目安となる金額はあるのです。
養育費と同様に「婚姻費用算定表」を用いて計算された金額が、おおよその自分がもらえる(もしくは払う)婚姻費用となります。

→婚姻費用自動計算システムで確認してみる

夫(もしくは妻)が払ってくれない場合

婚姻費用の分担は義務であるにも関わらず、払わない人も当然います。
収入のない側は、婚姻費用を払ってもらわなければ生活ができない、という事態に陥ることもあるでしょう。
夫婦間の話し合いではどうにもならないときには、家庭裁判所に「婚姻費用の分担請求調停」を申し立てましょう。
調停では調停員が間に入り、夫婦の資産、収入、支出などの事情を双方から聴き、必要な場合は資料等を提出してもらうなどして実状を把握した上で、解決案を提示したり必要な助言をしたりして、双方の合意を目指し話合いが進められます。
この調停は、別居中だけではなく同居しているにも関わらず生活費の支払いが無い場合にも利用できます。

→婚姻費用の分担請求調停の申立を参照する

それでも話合いがまとまらず調停が不成立になった場合は、自動的に審判手続が開始され、裁判官が審判をすることになります。そうなれば、何らかの結論は出るはずです。


更新 2013年6月28日
      

ページトップへ