離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

離婚したので、夫の保証人をやめたい!

Q.

 離婚した男の飲食店の賃貸保証人になっています。離婚する前から変更してほしいと頼んでいるのですが、今やっているからと、何もしてくれないまま2年が経ちました。今は連絡もとれず、うそを重ねられ...こっちで保証人を放棄するような方法はないのでしょうか。過去に滞納していた時期もあったので、すぐにでも保証人から外れたいのですが・・・

(不明:女性)

A.

 賃貸人と交渉し、賃貸保証人をやめることを同意させる必要があります。

 賃貸保証人契約は、「賃貸人」と、「保証人であるあなた」との間の契約です。
  そのため、あなたが元の旦那さんにいくら変更してほしいと頼んだとしても、賃貸人が同意してくれなければ辞めることはできないのです。
  いくら離婚したからとはいえ、賃貸人がそう簡単に同意してくれるとは思えません。
  賃貸人の同意をとりつけて、保証契約を合意解除するためには、以下のような具体策が考えられます。

  1. 今までの保証人であるあなた以上の資力・信用力のある保証人を付ける。
  2. 代わりに物的担保を提供する。
  3. 代わりに預金などを質権担保として提供する。

 このように、保証人の変更は簡単には認めてくれないので、賃貸人と根気強く交渉し、話し合いを続けることが必要となります。

 なお、元の旦那さんが、いま借りているところを解約すれば、当然、賃貸保証人の責任も終了します。
  飲食店をやっているのであれば店舗を移転するのは難しいかもしれませんが、元の旦那さんにそのように請求することも考えられます。


更新 2009年7月13日
      

ページトップへ