離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

子供が嫌がっていても離婚した夫との面会は拒否できない?

Q.

 離婚をして、子供は私がひきとりました。元夫との約束で月1回会わせているのですが、子供(4歳)が会いたくないと言って拒否しています。子供が拒否していることを元夫に話しても、受け入れてくれません。会いたくないと言っている子供を無理して会わせる必要があるのでしょうか?

(20代:女性)

A.

 離婚して子供に対する親権を有しない親でも、 子にとっては父であり母であることに変わりはありません。
  そこで、父や母が子と連絡をとったり接触したりすることは、一種の自然権だという考えに基づくものが、面接交渉権であり、裁判例上認められているものです。

 もっとも、子供の福祉が優先されますので、子供が嫌がる場合や、子供の福祉に悪影響が出る場合は、面接交渉権を制限することも可能であると考えられています。

 あなたの子供がなぜ父親と会うのを拒否しているのかは明らかではありませんが、これまでも元夫は子に悪影響を与えてきたとか、実際に生活に支障をきたしているなど具体的な理由があるようであれば、元夫と話し合い、子供のために面接交渉を制限する必要があるという事情を理解してもらうことが最善です。
それでも話し合いがまとまらないようであれば、家庭裁判所に面接交渉の調停を申し立ててみて下さい。


更新 2008年10月15日
      

ページトップへ