離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

夫の不倫相手に慰謝料を請求したい!相場はいくら?

Q.

 主人と不倫関係にあった女性に、慰謝料を請求したいと思います。
 女性は、主人が既婚者と分かっていながら関係を持ったようです。主人の態度がおかしかったので、興信所や携帯メール、会社のメールから証拠を集めていたところ、女性が妊娠していることがわかりました。主人も「子供ができたら腹をくくる」と話していたようです(紆余曲折を経て、女性は主人との子供を堕胎しました)。
 示談を進める意思を確認するため、メール・電話で連絡を取りましたが、ナシのつぶて。この上は内容証明を送るつもりでいますが、それも先方が無視した場合、どのような段取りで話を進めればよいでしょうか。また、相場はいくらくらいなのでしょうか。

(30代:女性)

A.

 相手の女性は、ご主人が既婚者であることを知りながら関係を持ったということなので、あなたからの不法行為に基づく精神的損害(慰謝料)賠償請求民法710条)は、まず問題なく認められるでしょう。
 問題は、これからどのように話を進めていけばよいかです。

 「メールや電話で連絡を取った」ということですが、単なる「話し合いをしたい」という申し入れに対し、相手が誠意ある態度を見せることは、あまりありません。
 次に、内容証明郵便を出すことになりますが、この段階に至っては、請求金額、支払期日、支払方法等を明示して、こちらが本気であることを知らせることが大切です。「応じない場合には、法的手段を取る」と書き添えるのも一法です。

 これも無視された場合は、民事訴訟を提起することになります。本人訴訟も可能ですが、事情が許すなら、弁護士に依頼することをお勧めします。一人で訴訟追行をするのはいろいろな意味で困難が伴います。相手が弁護士を立てて応戦してきた場合には、なおさらのことです。
 慰謝料の相場ですが、相手女性やご主人の社会的地位や収入等により異なりますが、一般には上昇する傾向にあり、200万円前後で決着することが多いようです。

 なお、相手女性とご主人のメールのやり取り、興信所の報告等は、裁判においても重要な証拠となります。ぜひ大切に保管してください。


更新 2005年12月20日
      

ページトップへ