離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

子を連れて帰った・・・親権者なのに誘拐したことになる?

Q.

 現在、妻と別居して3ヶ月ですが、2歳になる子供の親権の事で離婚が出来ません。 子供は今 妻の実家の近くの幼稚園に通わせているみたいです。 こんな場合 私が幼稚園に子供を迎えに行き、連れてきたら 後々何等かの罪になるのでしょうか? 離婚はまだしていません。

(30代:男性)

A.

 子供と別居した後に実の子供を連れ去った場合、未成年者略取罪刑法224条)という罪に問われる可能性があります。

 確かに、別居中であるとはいえ相談者が親権者であることには変わりはありません。しかし、判例によると子供を連れ去った者がたとえ親権者であっても未成年者略取罪は成立する場合があります。

 すなわち、最高裁平成17年12月6日決定は、「別居中で離婚係争中の妻が養育している2歳の子を夫が有形力を用いて連れ去る行為は未成年者略取罪の構成要件に該当し、行為者が親権者の1人であることは、違法性阻却の判断において考慮されるべき事情にとどまる」として、親権者であるだけでは違法性は阻却されないとの判断の下、連れ去った夫を有罪としました。

 ですので、相談者におかれましても子供を勝手に連れて帰るということは、するべきではないでしょう。

 もし、どうしても子供を手元におきたいというのであれば、子の監護に関する処分としての子の引渡しの審判や審判前の保全処分を申し立てられるとよいでしょう。
 子の引き渡しに関しましては、なっとく法律相談「夫に連れ去られた子供を取り返すには?」を参照してください。


更新 2011年8月29日
      

ページトップへ