離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

子どもの名字の変更 1~子の氏の変更許可申立

夫婦が離婚すると、当然どちらか(筆頭者でない方)がその戸籍から抜けることになりますが、子どもの戸籍は動きません。
戸籍から抜けるのが妻の方だとすると、たとえ妻が親権と監護権を得て子どもを引き取っても母と子どもは別々の戸籍となり、もちろん名字も別になります。

「子どもと名字が違うのは不便、ていうか嫌!」...という人は、離婚する際に結婚する前の戸籍に戻らず1人で新しい戸籍をつくり、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出すれば婚姻中の名字、つまり子どもと同じ名字を名乗ることができます(この場合でも、あくまで子どもは父親の戸籍にいます)。

「旧姓に戻りたいけれど、子どもと別姓なのも困る」...という人は、自分の戸籍に子どもを入籍させることで子どもの名字を自分と同じにできます。
まずは家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をして許可を得た後、市区町村役場に子どもの「入籍届」という届出をします。

申立てる準備

  1. 申立人は子どもです。子どもが15歳未満のときは、その法定代理人(親権を持っている方の親)が子どもを代理します。
  2. 申立て先は、子どもの住所地の家庭裁判所です。
→管轄裁判所を調べる(裁判所HP)
  1. 申立てにかかる費用は、収入印紙代の800円(子ども1人につき)と連絡用の郵便切手代です。切手代はそれぞれの裁判所によって違いますので、申立て先の裁判所に確認して下さい。
  2. 申立てに必要な書類を用意します。必要な書類は下記の通りです。
    ・申立書 1通
    ・申立人(子ども)の戸籍謄本(全部事項証明書)
    ・父・母の戸籍謄本(全部事項証明書)
    (父母の離婚の場合、離婚の記載のあるもの)   各1通

    ※同じ書類は1通で足ります
    ※このほかにも書類が必要になる場合があります

申立書の書き方

申立書は最寄りの家庭裁判所で入手するか、裁判所のホームページからダウンロード・印刷して使います。申立書の書式は各裁判所によって違う場合があります。
子どもが15歳未満の場合と、15歳以上の場合とでは書き方が変わりますのでご注意ください。

※①~⑭の部分をクリックすると各項目記入についての注意事項が表示されます。

(子どもが15歳未満の場合)
(1枚目)

裁判所

申立書を提出する裁判所を記入します。

申立人

子どもの法定代理人(親権を持つ親)の名前を記入します。

本籍

子どもの現在の本籍地を記入します。

住所

子どもの現住所を記入します。
裁判所から連絡がとれるように正確に記入して下さい。

申立人

変更を求める子どもが複数人いるときは、この欄を利用します。

電話番号

平日の日中に連絡のつく番号を記入します。
(2枚目)

申立人の氏

子どもの現在の名字を記入します

移動先の戸籍の名字

変更後の名字が子どもの現在の名字と
同じであっても記入します。
(子どもが15歳以上の場合)
(1枚目)

裁判所

申立書を提出する裁判所を記入します。

申立人

子どもの名前を記入します。

本籍

子どもの現在の本籍地を記入します。

住所

子どもの現住所を記入します。
裁判所から連絡がとれるように正確に記入して下さい。
(2枚目)

申立人の氏

子どもの現在の名字を記入します

移動先の戸籍の名字

変更後の名字が子どもの現在の名字と
同じであっても記入します。

更新 2013年8月22日
      

ページトップへ