離婚したい人も、離婚したくない人も、知ればきっと役に立つ

婚姻費用(生活費)の分担請求調停

婚姻費用の話し合いがまとまらない場合や、話し合いができない場合、請求しても相手が支払ってくれない場合などに、家庭裁判所でこれを決める調停を申立てることができます。
婚姻費用についての詳しい説明は、『婚姻費用について』 のページをご覧ください。

調停を申立てる準備

  1. まず、申立てができる人は夫または妻です。それ以外の人はできません。
  2. 申立て先は、相手の住所地の家庭裁判所か、夫婦が合意で決めた家庭裁判所です。
→管轄裁判所を調べる(裁判所HP)
  1. 申立てにかかる費用は、収入印紙代の1,200円と連絡用の郵便切手代です。切手代はそれぞれの裁判所によって違いますので、申立て先の裁判所に確認して下さい。
  2. 申立てに必要な書類を用意します。必要な書類は下記の通りです。
    ・申立書 1通
    ・夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通
    ・申立人の収入関係の資料(源泉徴収票、給与明細、確定申告書等の写し)

    ※このほかにも書類が必要になる場合があります

申立書の書き方

申立書は最寄りの家庭裁判所で入手するか、裁判所のホームページからダウンロード・印刷して使います。
申立書の書式は各裁判所によって違う場合があります。

※の部分をクリックすると各項目記入についての注意事項が表示されます。

(1枚目)
※裁判所 ※住所
(申立人・ 相手方)

裁判所

申立書を提出する裁判所を記入します。

住所(申立人・相手方)

裁判所から連絡がとれるように正確に記入します。
(2枚目)
※金額 ※同居・別居の時期

金額

相手方に支払ってほしい金額を記入します。
金額がはっきりしないときは「相当額」を選択します。

同居・別居の時期

・同居を始めた日...夫婦が始めて同居をした日を記入します。
・別居をした日...同居と別居を繰り返しているときは、一番最後の別居の日を記入します。

更新 2013年6月22日
      

ページトップへ